土地の名義変更ガイド

土地の名義変更についてです。所有権が移転することがあれば名義を変更する手続きを行います。自身ですることもできます。

何らかの理由で、土地の名義を変えることを名義変更と言いますが、これは法務局に必要書類を提出して土地の所有者の名前を変えることです。

土地の所有者が変わったら登記簿にある名義を変えなければならないのです。

【名義変更は必ずしなければならないのか】

土地の名義変更は、必ずしないと罰せられるということはありません。

名義変更をしなくても法律上は問題ないのです。

しかし、やっておかないと第三者に所有権を主張することができないのです。

いくら「自分の土地だ」と言っても、登記簿の名義が違ったら認められないのです。

【変更の理由によって手続きは違う】

所有権の移転の理由によって、名義変更の手続きは違いますので注意しましょう。

所有権が移転したことによって土地の名義変更が必要になるのは相続した時、贈与を受けた時、離婚などでの財産分与を受けた時、売買で土地の所有者が変わった時になります。

【手続きは簡単?】

土地の名義変更の手続きは、自分で行うことができます。

難しいと決めつけてしまいがちですが、今ではインターネットで何でも調べられますので自分で行う方法を調べてみると良いでしょう。

聞き慣れない言葉が出てくるので面倒だと思う人が多く、専門家に依頼するケースが多いのですが、良い経験なので自分でやってみてはいかがでしょう。

手続きは簡単とは言えませんが、時間と労力があればできますので、時間が取れそうな人は自身で手続きすることができます。

Comments are closed.